精力剤

精力剤 副作用

    

    精力剤にはどんな副作用がある?

    精力剤の中には副作用がないと明記しているものもあります。 

    けれども、すべての人に対して副作用がなにも起こらないということはありえません。 

    精力剤を医薬品と漢方系の2つに分けて、それぞれのリスクについて説明していきます。 

    医薬品系の副作用

    医薬品の精力剤に含まれる成分でもっとも代表的なのが「クエン酸シルデナフィル」という成分。 

    これはバイアグラの主成分でもあります。副作用として頭痛、腹痛、めまい、色覚異常、鼻づまり、筋肉痛…などの症状が出ることがありますが、これらの症状はどれも軽いものなのでそれほど心配することはありません。 

    ただし、既往症がある方や他の薬と併用したりした場合、狭心症を起こすリスクがあると言われています。バイアグラは個人輸入で手に入れることもできますが、まずは病院で診察を受けて処方してもらったほうがいいでしょう。 

    食品系の副作用

    食品系の精力剤は植物から抽出したエキスなどの天然成分を多く使用しているので、医薬品系のものと比べると安全性は高いと言えます。 

    けれどもやはり、副作用のリスクがまったくないというわけではありません。特に漢方や生薬などで自分に合わない成分を摂取すると、次のような症状が現れることがあります。 

    当帰(トウキ)

    食欲不振、胃の不快感、むかつき、下痢 

    杜仲(トチュウ)

    血圧効果 

    鹿茸(ロクジョウ)

    胃腸障害、皮膚発赤、かゆみ、月経期間の延長、のぼせ、むかつき 

    牡丹皮(ボタンピ)

    妊娠中の女性の流産のリスク 

    この他、アレルギーにも充分注意しなくてはなりません。アレルゲンとなる成分を摂取した場合、大きなトラブルを引き起こしてしまうこともあります。天然成 分だからといって安全性をあまり過信せず、用法・用量はしっかりと守り、少しでも異常が現れたら、すぐに服用を止めてください。 

    自分の体質に合ったものを服用することが大切です。